柴そらNEWS

ニコニコニュースやNEVERまとめなど面白と思った ニュースや画像を色々とまとめています


    廃墟を探検すると幽霊より高確率で現れる“◯◯”が怖い…
    バイレーツ

    画像出典:写真AC

    廃墟と言えば、幽霊や霊現象などの都市伝説が付きまとうミステリースポットとしてのイメージがある一方、いわゆる“廃墟マニア”など、退廃的な美しさに魅力を感じるファンも数多く存在する。

    そんな廃墟の違う意味での怖さをツイートした・ものの腐ごりえ(@gorie666)さんの投稿が反響を呼んでいる。

    まずはそのツイートをお読み頂きたい。

    廃墟探索サイトを運営していて本も出していた人が
    「廃墟で幽霊を見たことは一度もないが
    ホームレスの人は7割8割レベルの高確率でいる
    彼らは失うものがないのでこちらの常識でははかれない
    女性は絶対に女性のみで廃墟探索いかないこと
    男も単独では避けよう」
    注意喚起してたの思い出してる

    — ものの腐ごりえ (@gorie666) 2017年9月3日



    廃墟関係の書物を執筆した人物が、「廃墟で幽霊を見たことは一度もない」とした上で「ホームレスの人は7割8割レベルの高確率でいる」、しかも「彼らは失うものがないので、こちらの常識でははかれない」と注意を促していたというのだ。

    そのため、女性だけで廃墟探索にはいかないこと、男性でも一人で廃墟に行くべきではないという。

    これは、リアルすぎて怖い・・・。

    ■Twitterの反応

    確かに中に入ったら布団が敷いてあったりすることが多かった。人が寝てたことも。
    今はそういう場所には入らない。住人のいない遺構めぐりを楽しんでる。 https://t.co/0Xi4b0sbfc

    — 神代 剣 (@kamisiro_turugi) 2017年9月5日

    廃墟探索していて、ホームレスに遭遇したことはないけど、幽霊と動物はある。行く廃墟によるのかもなー。 https://t.co/xVvz0EtfCL

    — ぐっさん (@gussan_gtr) 2017年9月5日

    廃墟に行ったらいかにもな目出し帽が干してあって逃げ帰ったの思い出した。こっちもあっちも不用心(´-ω-`) https://t.co/OOOJm4hHgs

    — JADE (@jad_ko) 2017年9月4日

    オイラも廃墟に侵入したらホームレスおじさんに追っかけられて、それ以来トラウマでお化け屋敷とかムリ(・_・;)

    オバケは怖くないけど、暗がりから出てくる人がひたすら怖い(´;ㅿ;`) https://t.co/QI5XDMGBZK

    — 白米(つくも やそはち) (@tukumoyasohachi) 2017年9月4日

    まあ実際、千葉の山奥にあった廃工場を落札して臨場したら、明らかに煮炊きをした跡とかあって、念のためにマーキングしたら数日後にはもうマークが破壊されていたと言う事もありましたからねぇ。(もちろん現況調査書には全くそんな記載はない)https://t.co/lSkoIZFdvH

    — 天婦羅★三杯酢 (@templa_3) 2017年9月5日

    これを読んで再確認した。
    怖いのは霊でなく、人、だった。 https://t.co/JTYOjwZaqP

    — ヒロ@肉体改造&噴上祐也やる! (@hirothu05) 2017年9月3日

    ※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    幽霊に出くわす可能性は低いが高確率でホームレスには遭遇できる。運が良ければ殺〇事件の被害者を発見できることもあるかも? 非日常感あふれる素敵な廃墟


    どうせならと取得時効を狙ってみるのもいいかも


    関係ないけど廃墟系のサイトってなぜかサイト自体も廃墟みたいに一昔前のサイトデザインのまま放置が多いんだよな。それ含めて見るの好きだった。


    オカルトを期待していくとあらゆる実害が出る可能性があるので行かない方が身のため


    県庁所在地でも廃墟マンション廃墟アパートだらけなんですが


    マジレスすると、相続税払えないでそのまま放置という場所も


    廃墟と言っても他人の敷地だから不法侵入


    地元住民、ホームレス、野生動物や昆虫の巣もあるから注意


    生命は本来どこに住むのも自由だけどな。自民党社会は金の無い奴は*。ホームレスは自民党から迫害されている人。


    廃墟探検動画ってよくあるけど共通してることは結局何も出てこないよねw





    男女2人が刺されたアパート。周囲では警察官が規制線を引いて周辺を立ち入り禁止にしていた=埼玉県草加市旭町4で2017年9月4日午前9時57分、武田良敬撮影
    毎日新聞

     埼玉県草加市のアパートで高校2年の男女が刃物で刺されて死傷した事件で、殺人などの容疑で逮捕された県立高校1年の少年(15)=同県三郷市=がアパートの台所にあった刃物を持ち出し、2人の胸などを複数回刺していたことが捜査関係者への取材で分かった。県警は女子生徒に好意を寄せていた少年が交際を断られ、衝動的に事件を起こした可能性があるとみて調べている。県警草加署は5日、少年を殺人と殺人未遂容疑で送検した。

     事件は3日夜に発生。草加市の県立高校2年、西山康介さん(16)が死亡し、西山さんの交際相手でこのアパートに住む県立高校2年の女子生徒(16)も重傷を負った。

     同署などによると、3人は事件直前、アパートで交際について話し合っていたとみられる。少年は「(西山さんが)彼女を取ろうとしたので殺そうと思った」などと供述しているという。【遠藤大志】



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【<草加・16歳殺傷>台所の刃物使い胸を複数回刺す】の続きを読む


    キャリコネ

    外出中、特に至近距離に赤ちゃんがいる時、その可愛さに思わず頬が緩んでしまう。ニッコリ笑いかけると、反応を示してくれるのも嬉しい。しかし、いくら可愛いからといっても、その先の行為(勝手に触るなど)は「絶対にしてほしくない」と考えるママは多いようだ。

    先日のガールズちゃんねるに立った「自分の赤ちゃんが他人に触られたり笑いかけられたりしたら嬉しいですか?」というトピック。投稿者は、他人の赤ちゃんに対する距離感には「程度があると思う」と主張。バスの中で見た女性が、近くにいた他人の赤ちゃんにずっと笑いかけたり手を触ったりするなど戯れ続けていたとし、「こういう時、お母さんはどんな気持ちなのか気になった」のだという。(文:みゆくらけん)

    「どこ触っているか分からない手で勝手に触らないでほしい」

    この投稿へは多数のコメントが殺到したが、その多くは「笑いかけるのはアリだが、勝手に触るのはナシ」という意見だ。「可愛いわね」と声を掛けられたりする分には嬉しいが、断りなく触られると「驚いてしまう」「拒否反応を示してしまう」などといった声が多く挙がった。

    触ってほしくない理由は主に2つ。ひとつは「抵抗力の弱い赤ちゃんを菌やウイルスから守るため」というもの。

    「どこ触っているか分からない手で勝手に触らないでほしい」

    おそらくこのコメントがママたちの本音だろう。子どもに手を伸ばしてくるのは年配者(特におばさん・おばあさん)に多い傾向があり、その人たちは赤ちゃんの可愛さにとにかく夢中で悪気はない。しかし、「知らないおばちゃんからの口へのチュー」に代表されるような行き過ぎた行為には、

    「母親でさえ虫歯予防にキスできないのに」
    「ウイルスもらって来ないように、消毒とか除菌小まめにやって、細心の注意払っているのに、こっちの努力が水の泡」

    などという猛抗議の声が多い。口にチューとまではいかなくとも、明らかに汚れた手でほっぺを触ってきたり、顔の湿疹部分に触れてきたりするのもNG行為のようで、衛生面での問題を指摘する声が多い。

    「大袈裟!!神経質!!ってぐらいでいいんだよ」

    赤ちゃんを触ってほしくないもうひとつの理由として挙がっていたのは、赤ちゃんをケガや犯罪から守るための親としての警戒だということだ。「可愛いですね、抱っこさせてもらえますか」と近づき、抱っこした赤ちゃんを次々に骨折させる女のニュースが過去にあったこともあり、

    「誰に対しても警戒するのは当たり前。大袈裟!!神経質!!ってぐらいでいいんだよ。何かあってからでは遅い」

    という声も。中には「触られたくないとか何様なのかなと正直思う」「脚くらいチョンチョンとするのは良くない?」などという反発の声もあったが、親としては神経質にならざるを得ない心境なのかもしれない。

    そういえば小原正子(クワバタオハラ)も、過去にブログで同じような悩みを吐露していた。芸能人ということもあり、目立つがゆえに悩みはより深刻だっただろう。「キャー!触らせて~」と駆け寄る関西おばちゃんの距離の近さに戸惑う小原は、思わず「触らないで!」と言ってしまったとし、「急に触られるのは抵抗あります」と理解を求めていた。

    赤ちゃんは守らなければいけない。しかし、必要以上に他人に目を光らせ神経質になるのも世知辛い。コメントの中にあった「もう気安く触れる時代じゃないんだ」という言葉が、つくづく胸に染みる。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    コメが触る人と母親の立場で対立してる感じだけど、自分が赤子だとしたら知らない人に突然触られたら泣く。赤子でなくても引く


    保護者の目線に立てば、雑菌がどうこう言う以前に当然の警戒なんじゃないの。親の承諾を得ないで赤子に触れようとするとか言語道断。


    別に構わんが、むしろ抱っこしては勘弁してくれ乳児はどう扱っていいかわかんねーよ(半泣き)


    前に『赤ちゃんを抱っこさせてもらえませんか?』で母親の一瞬の隙を付いて、赤ちゃんを怪我させる…って事件があったからなぁ。


    行き過ぎた衛生観念が弊害を生む 幼児期に多様な菌に触れない清潔すぎる環境がアトピーや花粉症の原因


    ふれあい*の余生ぐらい楽しませてやれよ。赤ちゃんの唯一のお仕事だで


    知る機会がないのは仕方ないけど、今こうして記事になってんだから調べろよ。赤ちゃんに他人が勝手に触れるとか明らかにアウトだろ


    ええええええ神経質すぎとかじゃあ道端で事故っても放っておくねとか菌(笑)とかってコメがあってびびるわ。認識の浸透率低いわ


    今の世の中じゃねぇ・・・自己防衛するしかないもんね。


    臭そうなじじいが電車内の赤ちゃんに順番に頬ずりしてたのは通報しようかと思った、見た目不審者で臭かったし




    このページのトップヘ